コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寧静 ネイセイ

デジタル大辞泉の解説

ねい‐せい【寧静】

[名・形動]安らかで静かなこと。平穏無事なこと。また、そのさま。
「海内―に帰せしかば」〈島田三郎・条約改正論〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ねいせい【寧静】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
世の中が平穏なこと。心がやすらかで落ち着いていること。また、そのさま。 「卑賤にして-なる人は/西国立志編 正直

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

寧静の関連キーワードホントワン(横断)山脈ランツァン(瀾滄)江ユンリン(雲嶺)山脈チベット(自治区)木村利右衛門佞・寧・濘西国立志編建部清庵大槻磐渓

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android