寧静(読み)ねいせい

精選版 日本国語大辞典「寧静」の解説

ねい‐せい【寧静】

〘名〙 (形動) やすらかで落ち着いていること。平和で静かなこと。また、そのさま。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一〇「卑賤にして静なる人は」
※条約改正論(1889)〈島田三郎〉三「海内寧静に帰せしかば」 〔易経疏‐繋辞上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「寧静」の解説

ねい‐せい【寧静】

[名・形動]安らかで静かなこと。平穏無事なこと。また、そのさま。
「海内―に帰せしかば」〈島田三郎・条約改正論〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「寧静」の解説

【寧静】ねいせい

安らか。〔淮南子、主術訓〕人の居は、日の如きなり。~に、(たんばく)(もの静か)に非ざれば、以てらかにすること無く、靜に非ざれば、以てきを致すこと無し。

字通「寧」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android