コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

審議官 シンギカン

デジタル大辞泉の解説

しんぎ‐かん〔‐クワン〕【審議官】

官僚の役職の一つ。省庁・部局の事務に関する重要事項の企画・立案に参画し、関係事務を総括整理する、指定職国家公務員事務次官級(総務審議官・財務官など)、局長級(大臣官房総括審議官など)、局次長級(大臣官房審議官など)の職がある。→参事官

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しんぎかん【審議官】

各省庁や内部部局などの行政組織に置かれ、その所掌事務の一部を総括整理する職。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

審議官の関連キーワードクライド(Jr.) プレストウィッツロバート・C. マクファーレンアレクサーンドル ソルダートフ日本の国家公務員制度と天下り防衛施設技術協会グラハム フライ日本原子力発電栗野 慎一郎日本貿易保険佐々木 孝男松平 乗承久田 太郎安西 正道福島 譲二南部 甕男黒田 長成天谷 直弘青木 信光政府参考人吉田太郎一

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

審議官の関連情報