総括(読み)そうぐくり

精選版 日本国語大辞典「総括」の解説

そう‐ぐくり【総括】

〘名〙 全体をひとまとめにすること。しめくくること。また、その役の人。そうかつ。
政談(1727頃)三「頭役は総括りと成て」
※雑話筆記(1719‐61)上「その上学問の惣りを知らいでは何事もすまぬことと存候ゆへ」

すべ‐くく・る【総括】

〘他ラ四〙 個々のものを大きく一つにまとめあげる。しめくくる。総括する。
※大日経天喜六年点(1058)七「修行者当に上下の文義を綜(スヘ)(ククル)べきのみ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「総括」の解説

そう‐かつ〔‐クワツ〕【総括/×綜括】

[名](スル)
個々のものを一つにまとめること。全体をとりまとめて締めくくること。「各人の意見を—する」
労働運動政治運動で、それまでの活動の内容・成果などを評価・反省すること。「春闘を—する」
[類語]総合統括包括一括統合集約集成締めくく統一包括的総合的統一的横断的重層的複眼的多面的十把一絡ひとから一体化一本化

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android