コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺尾とし てらお とし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺尾とし てらお-とし

1901-1973 昭和時代の社会運動家。
明治34年11月生まれ。昭和2年労働農民党の書記となる。翌年共産党にはいり,四・一六事件などでの数度の獄中生活に屈することなく地下活動をつづけた。戦後,党再建に尽力したが,41年夫の寺尾五郎とともに中国派として除名された。昭和48年1月29日死去。71歳。愛媛県出身。日本女子大卒。旧姓は若松。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

寺尾としの関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android