コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺山吾鬘 てらやま あずら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺山吾鬘 てらやま-あずら

1788-1869 江戸時代後期の武士,歌人。
天明8年生まれ。尾張(おわり)名古屋藩士。小姓頭取,小納戸頭取をへて,広敷用人格となる。歌を小林歌城(おばやし-うたぎ)にまなび,藩主とその子女の侍読をつとめた。明治2年9月17日死去。82歳。通称は虎助。号は占秋舎。著作に「日抄」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

寺山吾鬘の関連キーワード藩学一覧サリエリ朋誠堂喜三二女性参政権井上伝アサキ久留米絣井上でん久留米絣久留米絣

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone