寺島アキ子(読み)てらしま アキこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺島アキ子 てらしま-アキこ

1926-2010 昭和後期-平成時代の放送作家。
大正15年6月17日中国大連生まれ。東宝演劇研究会をへて昭和23年新協劇団にはいり,戯曲モルモット」を発表。33年フリーとなり,民放ラジオ・テレビの開局以来「氷点」「判決」などの脚本を手がける。41年日本放送作家組合設立に参加,常務理事となった。平成22年12月24日死去。84歳。文化学院卒。本名は寺嶋秋子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android