コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺崎紫白 てらさき しはく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺崎紫白 てらさき-しはく

?-? 江戸時代前期-中期の俳人。
肥前田代(佐賀県)の人。夫の寺崎一波とともに蕉門の坂本朱拙にまなび,のち志太野坡(やば)に師事元禄(げんろく)13年(1700)女性があんだ最初の俳諧撰集とされる「菊の道」を,京都の井筒屋から刊行した。初号は糸白。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

寺崎紫白

没年:享保3年頃?(1718)
生年:生年不詳
江戸元禄期の俳人。豊後国(大分県)日田生まれ。肥前国田代(佐賀県鳥栖市)の宮司寺崎平八(一波)と結婚し,夫婦ともに蕉風俳諧の坂本朱拙の門に学ぶ。伊勢詣を志し,夫婦で関西の旅に出て,近江の義仲寺の芭蕉塚にも参詣した。元禄13(1700)年,師の朱拙や夫の援助を得て俳諧集『菊の道』全2巻を編集刊行する。これは女性俳人の手になる最初の選集で,上巻は蕉門の209句からなる発句集,下巻は歌仙(長句と短句を交互に36句連ねたもの)7巻を収めている。江戸の榎本其角や杉山杉風,伊勢の各務支考,京の向井去来ら各地の人々の句が集められており,一地方の女性の教養の高さがうかがえる。<参考文献>別所真紀子『芭蕉にひらかれた俳諧の女性史』

(柴桂子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

寺崎紫白の関連キーワード木村紫貞紫白女

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android