コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺崎紫白 てらさき しはく

2件 の用語解説(寺崎紫白の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺崎紫白 てらさき-しはく

?-? 江戸時代前期-中期の俳人。
肥前田代(佐賀県)の人。夫の寺崎一波とともに蕉門の坂本朱拙にまなび,のち志太野坡(やば)に師事。元禄(げんろく)13年(1700)女性があんだ最初の俳諧撰集とされる「菊の道」を,京都の井筒屋から刊行した。初号は糸白。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

寺崎紫白

没年:享保3年頃?(1718)
生年:生年不詳
江戸元禄期の俳人。豊後国(大分県)日田生まれ。肥前国田代(佐賀県鳥栖市)の宮司寺崎平八(一波)と結婚し,夫婦ともに蕉風俳諧の坂本朱拙の門に学ぶ。伊勢詣を志し,夫婦で関西の旅に出て,近江の義仲寺の芭蕉塚にも参詣した。元禄13(1700)年,師の朱拙や夫の援助を得て俳諧集『菊の道』全2巻を編集刊行する。これは女性俳人の手になる最初の選集で,上巻は蕉門の209句からなる発句集,下巻は歌仙(長句と短句を交互に36句連ねたもの)7巻を収めている。江戸の榎本其角杉山杉風,伊勢の各務支考,京の向井去来ら各地の人々の句が集められており,一地方の女性の教養の高さがうかがえる。<参考文献>別所真紀子『芭蕉にひらかれた俳諧の女性史』

(柴桂子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寺崎紫白の関連キーワード江戸元結大分日田安東嶷北稲葉知通坂本朱拙中川久通中村西国毛利高政山本友石

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone