コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺師見国 てらし みくに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺師見国 てらし-みくに

1889-1959 大正-昭和時代の医師,考古学者。
明治22年1月1日生まれ。郷里鹿児島県の大口村で医業のかたわら,遺跡を調査して縄文土器の編年作業をおこなう。県北西部におおい特殊な構造をもつ古墳群を「地下式板石積石室」と命名した。昭和34年10月15日死去。70歳。九州帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

寺師見国の関連キーワード昭和時代大正

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android