コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺師見国 てらし みくに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺師見国 てらし-みくに

1889-1959 大正-昭和時代の医師,考古学者。
明治22年1月1日生まれ。郷里鹿児島県の大口村で医業のかたわら,遺跡を調査して縄文土器の編年作業をおこなう。県北西部におおい特殊な構造をもつ古墳群を「地下式板石積石室」と命名した。昭和34年10月15日死去。70歳。九州帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

寺師見国の関連キーワードチベット問題性病ルナ恐怖映画饗庭篁村広島(市)朝日新聞国税徴収法ロシア映画フィルムは生きている

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone