コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺師見国 てらし みくに

1件 の用語解説(寺師見国の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺師見国 てらし-みくに

1889-1959 大正-昭和時代の医師,考古学者。
明治22年1月1日生まれ。郷里鹿児島県の大口村で医業のかたわら,遺跡を調査して縄文土器の編年作業をおこなう。県北西部におおい特殊な構造をもつ古墳群を「地下式板石積石室」と命名した。昭和34年10月15日死去。70歳。九州帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

寺師見国の関連キーワード荒井恵庵政三大岸鹿加藤専一佐藤幸三鈴木春吉宗盛員中山たま柳楽達見芳賀徳蔵

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone