押(し)型文土器(読み)オシガタモンドキ

百科事典マイペディアの解説

押型文土器【おしがたもんどき】

縄文(じょうもん)時代早期の土器型式の一つ。刻みをつけた棒を押しつけ,文様を浮き出させたもの。山形文,楕円文が多く,尖底(せんてい)土器が普通だが,九州には平底のものもある。九州から東北まで広く分布し,北海道東部にはより新しい時代のものと思われる独特の文様をもつものがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

押型文土器
おしがたもんどき

縄文時代早期前半から前期にかけての回転押型文をもつ土器群。山形押型文と楕円(だえん)押型文と格子目(こうしめ)押型文が主体で、賽目(さいのめ)文、同心円文、矢羽根(やばね)状文、梯形(ていけい)文もみられる。古い押型文土器は、草創期の爪形(つめがた)文土器を継いだ近畿地方の神宮寺式や大川(おおこ)式、中部地方の立野(たつの)式である。岡山県黄島(きしま)貝塚、大分県早水台(そうずだい)貝塚、和歌山県高山寺(こうざんじ)貝塚、長野県樋沢(ひざわ)、細久保、新潟県卯(う)ノ木(き)、群馬県普門寺などの各遺跡で、山形文、格子目文、楕円文をもつ尖底(せんてい)深鉢の土器が使用されている。関東地方の撚糸(よりいと)文土器も回転施文で共通し、押型文土器と共伴している。北海道の格子目文、賽目文の平底深鉢、東北地方の日計(ひばかり)式の変形山形文は早期に属するが、中部日本の押型文土器とは別系統とみられる。本州では沈線文土器とともに押型文土器は消滅したが、九州南部と北海道東部では平底深鉢の押型文土器が前期前半まで存続している。[十菱駿武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android