コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺門仁 てらかど じん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺門仁 てらかど-じん

1926-1997 昭和後期-平成時代の詩人。
大正15年10月13日生まれ。高校教員のかたわら詩作し「地球」「日本未来派」などに参加。のち「翼」を主宰。昭和40年「遊女」で室生犀星(むろう-さいせい)詩人賞。詩集はほかに「木に育つ魚」「羽衣」「魂魄の宿」など。平成9年6月27日死去。70歳。茨城県出身。東京高師卒。本名は砂尾仁。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

寺門仁の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門五所平之助島津保次郎清水宏斎藤寅次郎溝口健二[各個指定]芸能部門衣笠貞之助田坂具隆香港映画

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android