コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魂魄 こんぱくhun-po

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

魂魄
こんぱく
hun-po

一般には人間霊魂を意味するが,中国において本来は,人間の体内エネルギーである気を司るのが形体を司るのがと呼ばれていた。前者は陽,後者は陰に属するとされ,人間が死ぬと,両者は分離して上下に飛散するとも考えられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こん‐ぱく【魂×魄】

《「魂」は、人の精神をつかさどる気。「魄」は、人の肉体をつかさどる気》死者のたましい。霊魂。
「―此(この)土(ど)に留まって」〈鏡花・註文帳〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こんぱく【魂魄 hún pò】

人間の精神的肉体的活動をつかさどる神霊,たましいをいう。古代中国では,人間を形成する陰陽二気の陽気の霊を魂といい,陰気の霊を魄という。魂は精神,魄は肉体をつかさどる神霊であるが,一般に精神をつかさどる魂によって人間の神霊を表す。人が死ぬと,魂は天上に昇って神となり,魄は地上に止まって鬼となるが,特に天寿を全うせずに横死したものの鬼は強いエネルギーをもち,人間にたたる悪鬼になるとして恐れられた。人の死後間もなく,屋上から死者の魂を呼びもどす招魂や鎮魂の習俗儀礼は,こうした観念から生まれたものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こんぱく【魂魄】

〔魂は精神を、魄は肉体をつかさどるたましい〕
死者のたましい。霊魂。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

魂魄の関連キーワード今・困・坤・墾・婚・建・恨・懇・昆・昏・根・梱・混・渾・痕・紺・褌・金・魂伯・剥・剝・博・帛・拍・搏・柏・泊・白・箔・粕・膊・舶・薄・迫・魄チヌア アチェベ道教/道教の神々沖縄戦跡国定公園楊貴妃(能)後醍醐天皇湯川 康平金城 和信金城和信アチェベ雨月物語摩文仁寺門仁誑かす尸解霊鬼島尻粉灰

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

魂魄の関連情報