コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対レーダ・ミサイル たいレーダ・ミサイルanti-radiation missile

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

対レーダ・ミサイル
たいレーダ・ミサイル
anti-radiation missile

ASMの1つでレーダ信号を探知し,その発信源に向っていくミサイル。代表的なものにアメリカ軍のハーム HARM: High-Speed Anti-Radar Missileとイギリス軍のアラーム ALARM: Air-Launched Anti-Radar Missileがある。アメリカ軍は 1991年の湾岸戦争でイラク軍に対し 1000発のハームを使用したという。イギリス軍のアラームは実験評価中であったが急遽実戦投入された。アラームは,敵のレーダが対レーダ・ミサイルを警戒してレーダを切った場合にそなえ,目標上空でパラシュートを開きながら敵のレーダが動きだすのを待ち,レーダ信号を探知するとパラシュートを切り離して突入する。また,一度レーダ信号をとらえるとこれを記憶し,相手側がレーダを切っても目標に向う。主要目は,ハームが射程 74.4km,全長 4.17m,直径 25.4cm,発射重量 361.1kg,弾頭高性能炸薬 66kg。アラームは,射程 45km,全長 4.3m,直径 22.4cm,発射重量 268kg。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

対レーダ・ミサイルの関連キーワード対放射源ミサイル

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android