コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エフエスエックス FSX

デジタル大辞泉の解説

エフ‐エス‐エックス(FSX)

《Fighter Support Xから》航空自衛隊の次期支援戦闘機。国内開発も想定されたが、昭和62年(1987)、政治的配慮からF16戦闘機をもとに日米共同開発になった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

FSX【エフエスエックス】

Fighter Support-Xの略で,次期支援戦闘機の意。航空自衛隊が現在保有している支援戦闘機F-1の後継機として日米共同開発が進められているもので,米空軍のF16戦闘機をベースにしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

FSX
エフエスエックス

三菱F-2」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

エフエスエックスの関連キーワードゼネラル・ダイナミクス[会社]軍事情報保護に関する一般協定バードン・シェアリング貿易・技術・軍事摩擦トーマス フォーリー対米武器技術供与日米軍事技術協力防衛技術研究開発技術摩擦機関銃

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android