コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林可夢偉 こばやしかむい

1件 の用語解説(小林可夢偉の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

小林可夢偉

BMWザウバーF1チームに所属するレースドライバー。1986年9月13日兵庫県尼崎市生まれ。身長170cm、体重63kg(2011年4月現在)。
9歳の時にカートを始め、翌年にはTOYOTA SL全国大会カデットクラス優勝。2000年全日本ジュニア選手権シリーズチャンピオン、01年全日本カート選手権 ICAクラスシリーズチャンピオンとなるなど活躍し、04年にトヨタ・ドライバーズ・アカデミーと契約した。
05年には、フォーミュラルノーイタリアシリーズで6勝、ユーロカップシリーズでも6勝を挙げ、ともにシリーズチャンピオンとなる。翌06年には F3ユーロシリーズに参戦し、シリーズ8位でルーキー・オブ・ザ・イヤーとなった。07年は、 F3ユーロシリーズ参戦(仏ASMフォーミュラ3チーム)で1勝を挙げ、シリーズ4位になっている。
08年からは、トヨタのテストドライバーを務めながらGP2アジアシリーズに参戦、09年には日本人初のシリーズチャンピオンとなった。
09年10月のF1第15戦日本グランプリで、所属するトヨタチームのレギュラードライバーの体調不良により、フリー走行のみではあるが出走し、F1デビューを果たす。第16戦ブラジルグランプリでは、同じレギュラードライバーの負傷欠場によりF1本戦に出走、予選11番手グリッドから決勝9位の結果を残した。翌第17戦アブダビグランプリでは、F1本戦2戦目にして予選12番手から決勝6位と初入賞し、注目を集める。
この年を最後に、トヨタはF1からの撤退を発表したが、2レースで示した実力が認められ、10年はBMWザウバーF1チームよりF1に参戦。次第に実力を発揮してヨーロッパグランプリ7位、イギリスグランプリ6位などで年間32ポイントを獲得し、2010年F1ドライバーズポイントランキング12位と健闘した。11年も引き続きBMWザウバーF1チームより参戦して、第2戦マレーシアグランプリで7位入賞を果たし、その実力は高く評価されている。
宮田正和氏(モータースポーツフォトグラファー)は「ジャパンスポンサーがなくても、自分の腕で評価をもらいマシンに乗れる、真の意味でのF1ドライバー」「もっと速いマシンに彼を乗せてみたい。こう思っているのは僕だけではないはず」と語っている。

(葛西奈津子  フリーランスライター / 2011年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小林可夢偉の関連キーワードケミカルレーススクランブルレースファームチームホルダーホームコースJ1昇格の条件ロングスナッパーチームレースマディソンレースバレルレース (barrel racing)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小林可夢偉の関連情報