対数期

栄養・生化学辞典の解説

対数期

 微生物の増殖,生育についての用語で,微生物はある環境のもとで,一定期間顕著な数の増加のない時期があり,その後急速に数を増加させる.この急速な数の増加の時期は対数的に増殖するので,対数期という.その後,数の増加は緩やかになり,やがて環境の栄養素などを使い尽くして死滅する.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android