対極(読み)タイキョク

精選版 日本国語大辞典の解説

たい‐きょく【対極】

〘名〙 反対の極。相対する点。
※風俗小説論(1950)〈中村光夫〉近代リアリズムの発生「そしてこの或る意味で不幸な時代の性格を二つの対極から象徴する作品は、おそらく風葉の『青春』と藤村の『破戒』でせう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

対極の関連情報