対極(読み)たいきょく

精選版 日本国語大辞典「対極」の解説

たい‐きょく【対極】

〘名〙 反対。相対する
風俗小説論(1950)〈中村光夫〉近代リアリズムの発生「そしてこの或る意味で不幸な時代の性格を二つの対極から象徴する作品は、おそらく風葉の『青春』と藤村の『破戒』でせう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「対極」の解説

たい‐きょく【対極】

反対側の極。対立する極。「思想的に対極をなす」
[類語]反対ぎゃくたい対蹠たいせき・たいしょ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android