対極(読み)たいきょく

精選版 日本国語大辞典「対極」の解説

たい‐きょく【対極】

〘名〙 反対。相対する点。
※風俗小説論(1950)〈中村光夫〉近代リアリズムの発生「そしてこの或る意味で不幸な時代の性格を二つの対極から象徴する作品は、おそらく風葉の『青春』と藤村の『破戒』でせう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「対極」の解説

たい‐きょく【対極】

反対側の極。対立する極。「思想的に対極をなす」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android