(読み)タイ

  • たい・す
  • たい・する
  • つい
  • つい・す
  • 対/堆
  • 対〔對〕
  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

対照をなすこと。また、反対の関係にあること。「男のは女」
互いに相手関係にあること。「巨人中日戦」
数を表す語の間に入れて、数量の比例・割合を表す語。「三二の割でまぜる」
同等の力量・資格であること。「で碁を打つ」
二つで一組みとなるもの。つい。
「ある時宣宗が一句を得て―を挙人(きょじん)中に求めると」〈鴎外魚玄機
対の屋」の略。
「ひんがしの―の西の廂」〈・八〉
名詞などの上に付けて、比較・交渉・戦いなどの相手であることを表す。「前年比」「欧州貿易」
[音]タイ(呉)(漢) ツイ(唐) [訓]むかう こたえる
学習漢字]3年
〈タイ〉
向かい合う。二つが向き合う。「対岸対決対抗対座対策対象対比対面対立絶対相対敵対反対
相手になって受け答えする。「応対接対
二つで一組のもの。「対偶
対島(つしま)国。「対州
〈ツイ〉3に同じ。「対句一対
[名]

㋐二つそろって一組みとなること。また、そのもの。「になっている置き物」
㋑素材や模様・形などを同じに作って、そろえること。また、そのもの。「の着物」
対句(ついく)」に同じ。
[接尾]助数詞。
二つで一組みになっているものを数えるのに用いる。「一の夫婦茶碗(めおとぢゃわん)」
衣服・調度など、ひとそろいのものを数えるのに用いる。「三幅(さんぷく)
「竜虎梅竹唐絵一―」〈庭訓往来
〈対〉⇒たい
〈堆〉⇒たい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

二つの語の間に挟んで、双方が相手の関係にあることを表す。 東軍-西軍
二つ以上の数の間の比や得点を表す。 三角形の三辺の比が三-四-五になる 三-〇で勝つ
一組みをなすもので、性質が反対のもの。つい。 陰は陽の-だ
二つのものが優劣・上下などで同じくらいであること。互角。 -の力量 -に渡り合う
「対の屋」の略。 -に住み給はむには、いかでか、上には昇り侍るべき/宇津保 国譲上
名詞の上に付いて、「…に対する」の意を表す。 -戦車砲 -米政策
[0]
二つそろって一組となるもの。そろい。ペア。 -になる -をなす -の着物
対句ついくに同じ。
接尾
助数詞。
二つそろって一組になっているものを数えるのに用いる。 蠟燭ろうそく立て一-
衣服・調度などの一そろいを数えるのに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 向かい合うこと。相手になること。
(イ) 対比すること。比較すること。
※硝子戸の中(1915)〈夏目漱石〉三六「大人対(タイ)子供としての関係の方が、深く私の頭に浸み込んでゐる」
(ロ) 試合や勝負などの組み合わせや点数の対照を表わすことば。vs.
※残夢(1939)〈井上友一郎〉「あれでもやはりお客さまよ。しかも向うは三人で送るといふのよ、三対一よ」
(ハ) 相対すること。また、反対のもの。
(ニ) (接頭語的に用いる) 働きかけ、交渉、対抗などの相手であることを示すことば。
※菊池君(1908)〈石川啄木〉四「却って『毎日』の如き無勢力な新聞を生さず殺さずして置く方が〈略〉最良の手段であると云ふのが此人の対『毎日』観であった」
② 数量などの比率、割合を表わすことば。「三対二の比率」
③ 双方に優劣、高下の差がないこと。また、その差をつけないこと。対等であること。
※今昔(1120頃か)二四「実(まこと)には御製と文時が詩と対(たい)に御座(おはします)
④ 二つそろって一組となるもの。ペア。つい。
※諷謌鈔(1600頃)七「詞の林、筆の海など、対(タイ)にたとへたり」
⑤ 「たいのや(対屋)」の略。
※伊勢物語(10C前)四「東の五条に大后の宮おはしける、西のたいに住む人有りけり」
⑥ ⑤に住む人、その屋敷のあるじの夫人。
※源氏(1001‐14頃)薄雲「たいに聞き置きて常にゆかしがるを」
〘自サ変〙 たい・す 〘自サ変〙
① 他のものに向かって位置する。互いに向かいあう。また、ある対象に向かう。
※菅家文草(900頃)四「同諸小郎、客中九日、対菊書懐」
※滑稽本・東海道中膝栗毛‐発端(1814)「兼てこなた妹御を妻に申受る筈と吹聴せし上は、世間体へ対(タイ)し申訳のない仕合」
※二老人(1908)〈国木田独歩〉下「人に対(タイ)すると言ひ度いことも言へなくなり」
② 応じる。こたえる。
③ 敵として相手に向かう。相手になって争う。抵抗する。敵対する。当たる。
※平家(13C前)一一「君にむかて弓をひき、主に対して太刀をぬく」
④ 対(つい)になる。並ぶ。
※日本書紀兼倶抄(1481)「性は心に対してあるぞ」
⑤ あれとこれとを比べ見る。対比する。対照する。
※無名抄(1211頃)「一向に耳遠く思ひて譏りいやしむは、ひとへに中古の歌のさまに対せられたる也」
[1] 〘名〙
① 二つの物が同類であること。あるいは、一組のものとして対応すること。同じ材料・模様・性質・形などを持っていること。また、そのもの。
※日葡辞書(1603‐04)「コレワ tçuigia(ツイヂャ)
※化銀杏(1896)〈泉鏡花〉一「二個の湯呑は、夫婦別々の好みにて、対(ツヰ)にあらず」
※無名抄(1211頃)「又、ことばの飾りを求めて対を好み書くべからず」
[2] 〘接尾〙
① 衣服・調度などの一そろいを数える場合に用いる。また、絵などのそろいになるものを数える場合にもいう。
※庭訓往来(1394‐1428頃)「龍虎梅竹唐絵一対」 〔白居易‐酔中得上都親友書詠而報之詩〕
② 二つで一組になるものを数える場合に用いる。〔コリャード日本文典(1632)〕
※こゝろ(1914)〈夏目漱石〉上「仲の好い夫婦の一対(ツヰ)であった」
〘自サ変〙
① 一対(いっつい)になる。対応する。
※文明本節用集(室町中)「対句 クヲツイスル」
※うつせみ(1895)〈樋口一葉〉「一人は六十に近かるべき人品よき剃髪の老人、一人は妻なるべし対(ツヒ)するほどの年輩にて」
② ある色が他の色と調和する(日葡辞書(1603‐04))。
〘自サ変〙 ⇒たいする(対)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【寝殿造】より

…完成形または典型をどのようにとらえるかは異論もあるが,現在までは次のような説が有力である。まず敷地は方一町(約120m四方)で,主屋である寝殿を中心に,東および西,場合によっては北,北西,北東などに副屋である対(たい)(対屋(たいのや))を置き,これを廊(渡殿(わたどの))で結ぶ。東西対からは南に細長い中門廊が延び,その南端には釣殿を建てる。…

【数】より

…とくにヨーロッパでは,三平方の定理に関連して,ピタゴラスはという無理数の存在を知ったが,当時線分の長さは,それに含まれる点の数に比例するという信仰があり,が分数で表せないことの意味がわからなくて苦しんだという。〈ゼノンのパラドックス〉(二つあり,一つはアキレウスはカメを追いぬくことができない,他は矢は飛ばないというもの)も,上記信仰に対するパラドックスであるという。ユークリッド(エウクレイデス)が整数でない実数をあまり扱わず,整数と図形とに力を注いだのも,ピタゴラスと同じ悩みをもち,それに明確な答えが得られなかったからであるという説もある。…

※「対」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

対の関連情報