対蹠(読み)たいせき

精選版 日本国語大辞典「対蹠」の解説

たい‐せき【対蹠】

〘名〙 足の裏を互いに合わせたように全く反対の位置関係にあること。敵対関係にあること。ある物事と正反対であること。たいしょ。
※心理文学の発展とその帰趨(1930)〈瀬沼茂樹〉 Ich=Roman から Wir=Roman へ「およそこれとは対蹠(タイセキ)に立つ反個人主義的人間学の方法論から」

たい‐しょ【対蹠】

〘名〙 「たいせき(対蹠)」の慣用読み

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「対蹠」の解説

たい‐しょ【対×蹠】

《「たいせき(対蹠)」の慣用読み》向かい合わせた足の裏のように、二つの物事が全く反対の関係にあること。正反対。「対蹠点」
[類語]反対ぎゃくたい対極対蹠たいせき

たい‐せき【対×蹠】

たいしょ(対蹠)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android