コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対蹠 タイショ

デジタル大辞泉の解説

たい‐しょ【対×蹠】

《「たいせき(対蹠)」の慣用読み》向かい合わせた足の裏のように、二つの物事が全く反対の関係にあること。正反対。「対蹠点」

たい‐せき【対×蹠】

たいしょ(対蹠)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいしょ【対蹠】

〔「たいせき(対蹠)」の慣用読み。「足の裏を互いに合わせる」意から〕
全く反対であること。正反対。

たいせき【対蹠】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

対蹠の関連キーワード代・体・台・堆・大・太・対・對・帯・帶・待・怠・態・戴・擡・替・殆・泰・滞・滯・耐・胎・腿・苔・袋・褪・諦・貸・退・逮・隊・頽・體・黛リード(Sir Herbert Read)世界(the world)アンティポデス諸島プラークリット語サンスクリット語メソポタミア美術マクドゥーガル本朝無題詩長崎(県)ケインズ案大航海時代ドイツ美術プドフキンマルーフ戦争文学パーリ語場所学習反応学習文治政治

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android