対蹠(読み)タイショ

デジタル大辞泉 「対蹠」の意味・読み・例文・類語

たい‐しょ【対×蹠】

《「たいせき(対蹠)」の慣用読み》向かい合わせた足の裏のように、二つ物事が全く反対関係にあること。正反対。「対蹠点」
[類語]反対ぎゃくたい対極対蹠たいせき

たい‐せき【対×蹠】

たいしょ(対蹠)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「対蹠」の意味・読み・例文・類語

たい‐せき【対蹠】

  1. 〘 名詞 〙 足の裏を互いに合わせたように全く反対の位置関係にあること。敵対関係にあること。ある物事と正反対であること。たいしょ。
    1. [初出の実例]「およそこれとは対蹠(タイセキ)に立つ反個人主義的人間学方法論から」(出典:心理文学の発展とその帰趨(1930)〈瀬沼茂樹〉 Ich=Roman から Wir=Roman へ)

たい‐しょ【対蹠】

  1. 〘 名詞 〙 「たいせき(対蹠)」の慣用読み。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android