コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

封入体細胞症(読み)ふうにゅうたいさいぼうしょう(英語表記)cell inclusion disease

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

封入体細胞症
ふうにゅうたいさいぼうしょう
cell inclusion disease

新生児および小児のまれな疾患で,封入体と呼ばれる小体が,唾液腺,腎尿細管,肺胞壁などの細胞の核および細胞質内に存在するのを特徴とし,病原体はウイルスと考えられている。臨床症状および経過はまちまちで,唾液腺のみに病変があるときはほとんど臨床症状を示さないが,病変が全身性の場合は死亡することもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android