封印列車(読み)ふういんれっしゃ(英語表記)Sealed Train

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

封印列車
ふういんれっしゃ
Sealed Train

1917年のロシア二月革命後、スイスにいたレーニンらロシアの亡命革命家たちが、敵国ドイツを通過してロシアに帰った列車のこと。レーニンらはドイツ領内通過中、列車から離れず、ドイツ市民と接触しないことを条件とされた。ドイツ政府は、ロシアの革命家の帰国がロシアとの戦争に有利に作用すると判断、レーニンらは帰国することがなによりも革命の利益となると考えたため合意が成立した。レーニン、ジノビエフらボリシェビキ(多数派)を中心とする32名の亡命者は同年4月9日スイスを出発。ドイツ、スウェーデン、フィンランドを経て、同月16日(露暦同3日)夜ペトログラード(現サンクト・ペテルブルグ)に到着。レーニンは翌日「四月テーゼ」を発表し、革命の進行に大きな影響を与えた。他方、メンシェビキ(少数派)のマルトフらは、ロシアにいるドイツ人捕虜とロシア亡命者との交換による帰国を追求したが成功せず、6月になって同様の方法で帰国した。[藤本和貴夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android