将李魚成(読み)しょうりぎょせい

世界大百科事典 第2版の解説

しょうりぎょせい【将李魚成】

奈良時代の伎楽面作家。生没年不詳。752年(天平勝宝4)4月9日の大仏開眼供養会の日付とともに,その名を記す面が多く,木彫の場合に将李,乾漆の場合に相李と書き分けているようである。当代の伎楽面作家中,最も優れた手腕をもっていたようで,正倉院の木彫力士面や東大寺の乾漆酔胡従面はその代表的な作品である。【田辺 三郎助】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android