将李魚成(読み)しょうりぎょせい

世界大百科事典 第2版の解説

奈良時代の伎楽面作家。生没年不詳。752年(天平勝宝4)4月9日の大仏開眼供養会の日付とともに,その名を記す面が多く,木彫の場合に将李,乾漆の場合に相李と書き分けているようである。当代の伎楽面作家中,最も優れた手腕をもっていたようで,正倉院の木彫力士面や東大寺の乾漆酔胡従面はその代表的な作品である。【田辺 三郎助】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android