コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

将李魚成 しょうりぎょせい

1件 の用語解説(将李魚成の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しょうりぎょせい【将李魚成】

奈良時代の伎楽面作家。生没年不詳。752年(天平勝宝4)4月9日の大仏開眼供養会の日付とともに,その名を記す面が多く,木彫の場合に将李,乾漆の場合に相李と書き分けているようである。当代の伎楽面作家中,最も優れた手腕をもっていたようで,正倉院の木彫力士面や東大寺の乾漆酔胡従面はその代表的な作品である。【田辺 三郎助】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

将李魚成の関連キーワード伎楽面『荘子』延均師大田倭麿忍坂福貴基永師財福師捨目師相李魚成相李田次麻呂

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone