コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

将李魚成 しょうりぎょせい

1件 の用語解説(将李魚成の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しょうりぎょせい【将李魚成】

奈良時代の伎楽面作家。生没年不詳。752年(天平勝宝4)4月9日の大仏開眼供養会の日付とともに,その名を記す面が多く,木彫の場合に将李,乾漆の場合に相李と書き分けているようである。当代の伎楽面作家中,最も優れた手腕をもっていたようで,正倉院の木彫力士面や東大寺の乾漆酔胡従面はその代表的な作品である。【田辺 三郎助】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

将李魚成の関連キーワード王燾ピピン[3世]東大寺お水取り(東大寺)修二会伎楽壱番屋声明東大寺二月堂

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone