コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尉と姥 ジョウトウバ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐と‐うば【尉と×姥】

能の衣装をつけた老夫婦が、熊手とほうきで松の落ち葉をかき寄せる姿。人形絵画彫刻などにされ、婚礼・ひな祭りなどの祝いに用いられる。謡曲の「高砂」に基づく。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうとうば【尉と姥】

謡曲「高砂」の前ジテの木守りの翁おきなとシテツレの木守りの姥。この老夫婦が松の落ち葉を搔く姿は、大変めでたいものとされ、よく画題とされた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

尉と姥の関連キーワード前ジテ木守り画題

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android