コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尊峰入道親王 そんぽうにゅうどうしんのう

1件 の用語解説(尊峰入道親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尊峰入道親王 そんぽうにゅうどうしんのう

1741-1788 江戸時代中期,家仁(やかひと)親王の第2王子。
元文6年1月8日生まれ。母は谷野多爾。延享3年浄土宗知恩院門跡(もんぜき)をつぎ,桜町天皇の養子となる。宝暦3年9代将軍徳川家重(いえしげ)の養子。4年親王宣下(せんげ)をうけ,了風について出家した。天明8年7月21日死去。48歳。俗名は和義(かずよし)。幼称は富貴宮。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

尊峰入道親王の関連キーワード寛保堀江六之丞杉村直記サリエリ朋誠堂喜三二ヘンデルのメサイア江島絵本番付寛保御柳

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone