コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尊峰入道親王 そんぽうにゅうどうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尊峰入道親王 そんぽうにゅうどうしんのう

1741-1788 江戸時代中期,家仁(やかひと)親王の第2王子。
元文6年1月8日生まれ。母は谷野多爾。延享3年浄土宗知恩院門跡(もんぜき)をつぎ,桜町天皇養子となる。宝暦3年9代将軍徳川家重(いえしげ)の養子。4年親王宣下(せんげ)をうけ,了風について出家した。天明8年7月21日死去。48歳。俗名は和義(かずよし)。幼称は富貴宮。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

尊峰入道親王の関連キーワードラ=ペルーズ寛保ラングハンス堀江六之丞エリザベータ・ペトロブナ絵島・生島事件杉村直記ガブリエル李徳懋ラ・ペルーズ

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android