コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新薄雪物語 シンウスユキモノガタリ

4件 の用語解説(新薄雪物語の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しんうすゆきものがたり【新薄雪物語】

浄瑠璃。時代物。三段。文耕堂三好松洛小川半平竹田小出雲の合作。寛保元年(1741)大坂竹本座初演。仮名草子薄雪物語」を脚色。幸崎伊賀守の娘薄雪姫と園部兵衛の息子左衛門との恋物語に、秋月大膳の謀反や刀工正宗らの話をからませる。中の巻「園部館」が「合腹(あいばら)」「三人笑い」といわれて有名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しんうすゆきものがたり【新薄雪物語】

人形浄瑠璃時代物。角書は〈時代世話〉。3段。文耕堂三好松洛,小川半平,竹田小出雲の合作。1741年(寛保1)5月大坂竹本座で初演。おもな配役は上巻切を竹本此太夫,中巻切を竹本内匠太夫,下巻を竹本播磨少掾,竹本志摩太夫ほか。人形は園部兵衛・正宗を桐竹勘十郎,園部左衛門を桐竹門三郎,幸崎(さいさき)伊賀守を竹川七郎治,薄雪姫を吉田文三郎,団九郎を吉田才治ほか。直接の原拠は1632年(寛永9)に刊行の浮世草子薄雪物語》であるが,これはまず,85年(貞享2)江戸森田座の歌舞伎薄雪物語》で劇化され大当りをとって以来,《薄雪今中将姫》(1700初演)などが上演されたが,これらの影響を受けて人形浄瑠璃に作られたと思われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しんうすゆきものがたり【新薄雪物語】

浄瑠璃。時代物。文耕堂・三好松洛・竹田小出雲ら作。1741年初演。仮名草子「薄雪物語」による。幸崎伊賀守の娘薄雪姫と園部兵衛の息子左衛門との恋愛に、秋山大膳の陰謀や正宗・国行らの名工譚をまじえる。伊賀守・兵衛が互いに陰腹かげばらを切って会する「園部邸切腹」の段が「三人笑い」「合腹」とよばれて著名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新薄雪物語
しんうすゆきものがたり

浄瑠璃義太夫節(じょうるりぎだゆうぶし)。時代物。3段。文耕堂(ぶんこうどう)、三好松洛(みよししょうらく)、小川半平、竹田小出雲(こいずも)合作。1741年(寛保1)5月、大坂・竹本座初演。浮世草子『薄雪物語』(1632)の脚色で、通称「新薄雪」または「薄雪」。初演の3か月後には歌舞伎(かぶき)化され、上の巻「清水花見(きよみずはなみ)」、中の巻「幸崎邸詮議(さいざきていせんぎ)」「園部邸合腹(そのべていあいばら)」、下の巻「鍛冶屋(かじや)」が現代に残り、この4場が通しで多く上演される。「花見」は、華やかな清水の観音堂を背景に、園部兵衛(ひょうえ)の息左衛門(さえもん)と幸崎伊賀守(いがのかみ)の息女薄雪姫が奴(やっこ)妻平(つまへい)と腰元籬(まがき)のとりもちで恋を語る場面。天下をねらう秋月大膳(あきづきだいぜん)にくみする刀鍛冶団九郎が、左衛門の奉納した太刀(たち)に調伏のやすり目を入れるという筋(すじ)で、姫と左衛門の色模様、妻平の立回りなど、古風な様式美に満ちている。「詮議」は、大膳の策謀により左衛門と薄雪姫が密通の罪のほか反逆の疑いまでかけられるが、葛城民部(かつらぎみんぶ)の情理ある裁断により、姫は園部家へ、左衛門は幸崎家へ預けられる場面で、民部の明快なさばき役の演技が見どころ。「合腹」は、兵衛・伊賀守がそれぞれ子供を逃し、責を負ってともに腹を切り、互いの親心を知って兵衛の妻梅の方と3人で苦しい笑いを交わす、という筋で別名「三人笑い」。親の情愛が痛切に描かれ、切腹を隠して登場する陰腹(かげばら)の演技、3主役が苦痛と悲哀をこらえて笑い合う皮肉な技巧により、古典劇中でも有数の格調高い場面といえる。「鍛冶屋」は、清水で大膳に殺された来国行(らいくにゆき)の息国俊(くにとし)が、吉助の名で五郎正宗(まさむね)に弟子入りして極意を授けられ、かくまわれていた薄雪姫の供をする。団九郎は秘密の湯加減を盗もうとして父正宗に片腕を切られ、改心して大膳一味の討っ手を追い散らす。この場は団九郎の手負いになっての物語と片腕1本での立回りが見ものである。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の新薄雪物語の言及

【文耕堂】より

竹田出雲との合作には,38年8月《小栗判官車街道(おぐりはんがんくるまかいどう)》,39年4月の《ひらかな盛衰記》,40年7月の《将門冠合戦(まさかどかむりがつせん)》などがある。41年(寛保1)5月の《新薄雪物語(しんうすゆきものがたり)》を,三好松洛,小川半平,竹田小出雲と合作した後は,文耕堂の署名入りの作品は消える。このころ没したのではないかと推定される。…

※「新薄雪物語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

新薄雪物語の関連キーワード素浄瑠璃操り浄瑠璃王代物時代浄瑠璃浄瑠璃狂言浄瑠璃座世話浄瑠璃淡路人形浄瑠璃人形浄瑠璃文楽内海繁太郎

新薄雪物語の関連情報