了風(読み)りょうふう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

了風 りょうふう

1683-1759 江戸時代中期の僧。
天和(てんな)3年生まれ。浄土宗。武蔵(むさし)の人。江戸増上寺の了也に入門,同寺の雲臥(うんが)より法をうける。のち本所霊山寺,常陸(ひたち)瓜連(うりづら)常福寺,鎌倉光明寺の住持をへて,宝暦3年知恩院住持となった。大正。宝暦9年9月3日死去。77歳。俗姓は宮崎。字(あざな)は摂化。号は光蓮社団誉舞阿。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android