コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尊常入道親王 そんじょうにゅうどうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尊常入道親王 そんじょうにゅうどうしんのう

1818-1836 江戸時代後期,貞敬(さだよし)親王の第8王子。
文政元年6月14日生まれ。母は妃一条輝子。光格天皇の養子となり,文政5年興福寺一乗院門跡(もんぜき)の尊誠入道親王の付弟となる。天保(てんぽう)3年親王宣下(せんげ)をうけ出家した。一乗院門跡。天保7年6月26日死去。19歳。俗名は守貴(もりたか)。幼称は欽宮(のぶのみや),能布宮。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

尊常入道親王の関連キーワードビュヒナー(Karl Georg Büchner)サウド家郡内騒動天保の飢饉タルカットニコライハウスフォスターニコライ森次左衛門

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android