コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尊誠入道親王 そんせいにゅうどうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尊誠入道親王 そんせいにゅうどうしんのう

1806-1822 江戸時代後期,貞敬(さだよし)親王の第4王子。
文化3年8月12日生まれ。5年興福寺一乗院門跡(もんぜき)。光格天皇猶子となり,13年親王となる。14年得度。文政5年8月24日死去。17歳。幼称は潔宮(きよのみや)。俗名は忠道(ただみち)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

尊誠入道親王の関連キーワード尊常入道親王忠道親王

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android