コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊沢広助 とよざわひろすけ

2件 の用語解説(豊沢広助の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

とよざわひろすけ【豊沢広助】

義太夫節の三味線演奏者。(1)初世(1777‐1824∥安永6‐文政7) 豊沢派の祖。大坂の生れ。2世竹沢弥七の門弟。初名竹沢源吉。1791年(寛政3)初出座。1802年(享和2)に2世竹沢権右衛門,08年(文化5)に3世竹沢弥七と改名。11年に豊沢と改姓し,広助と名のった。(2)2世(?‐1860(万延1)) 初世の門弟。1806年(文化3)竹沢吉松の名で大西芝居へ初出座。豊沢言平,権平,団平,仙左衛門などを名のったのち,26年(文政9)に2世相続。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豊沢広助
とよざわひろすけ

義太夫(ぎだゆう)節の三味線。豊沢派の宗家名。初世(1777―1824)は2世竹沢弥七(たけざわやしち)の門弟で、初め竹沢源吉と名のった。やがて、実力者豊竹麓太夫(ふもとだゆう)や3世竹本政太夫(まさたゆう)の支持を得て、2世竹沢権右衛門から3世弥七を相続する。そして、1811年(文化8)に豊沢広助と改名した。門弟に恵まれて歴代名手を輩出したが、なかでも5世(1831―1904)は、豊沢団平とともに明治時代の双璧(そうへき)であった。通称松葉屋広助。6世(1842―1924)も名手で、晩年の竹本摂津大掾(せっつのだいじょう)を弾き、1922年(大正11)には近衛(このえ)家から名庭絃阿弥(なにわげんなみ)の名を与えられた。7世(1878―1957)を継いだのは5世の養子豊沢竹三郎であるが、不遇な舞台生活のため、数多い門葉もついに四散した。しかし、義太夫節の骨組みとなる各種の旋律型(「節(ふし)づくし」という)を集大成し、後世に残した功績は大きい。[倉田喜弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の豊沢広助の言及

【竹沢弥七】より

…(2)2世 生没年等未詳だが,3世政太夫,組太夫(《野崎村の段》を初演)らを弾いた。(3)3世(1777‐1824∥安永6‐文政7) 2世門人で,源吉,千右衛門,2世竹沢権右衛門から1808年(文化5)に弥七をつぎ,のち初世豊沢広助となって,豊沢姓を興した。(4)7世(1831‐76∥天保2‐明治9) 6世の門人。…

※「豊沢広助」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

豊沢広助の関連キーワード民主党強姦被害者郵政総選挙二大政党制自由民主党再生エネルギー特別措置法案鬼怒川決壊(2015)佐賀商工共済訴訟での県の賠償額神島

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone