コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

導電性繊維 どうでんせいせんい conducting fiber

1件 の用語解説(導電性繊維の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

どうでんせいせんい【導電性繊維 conducting fiber】

繊維を形成する高分子化合物はふつう絶縁体であるが,とくに導電性をもたせた繊維を導電性繊維という。石油化学工場における静電気による火災の防止,あるいは医薬品工業,精密電子工業におけるほこりの付着や放電の防止のために,優れた制電性を有する被服材料が要求されるようになってきた。現在開発されている導電性繊維には,(1)合成繊維の中に導電性のよい金属や黒鉛を均一に分散させたもの,(2)ステンレス鋼のような金属を繊維化した金属繊維,(3)有機物繊維の表面を金属で被覆したもの,(4)有機物繊維の表面を導電性物質を含む樹脂で被覆したもの,などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

導電性繊維の関連キーワード合成高分子高分子化学高分子化合物高分子電解質導電性プラスチック分子化合物機能性高分子架橋天然高分子高分子凝集剤

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

導電性繊維の関連情報