コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金属繊維 きんぞくせんいmetallic fibre

2件 の用語解説(金属繊維の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金属繊維
きんぞくせんい
metallic fibre

金属でつくる繊維。装飾用の金糸,銀糸などは古くから使用されていた。現在では,複合材料の発達により繊維状材料が注目されるに及んで金属繊維製法も大きく進歩し,従来の塑性加工 (圧延など) のほか,溶融紡糸法,CVD法などが開発され,ステンレスアルミニウム,鉄,ニッケル,銅などの金属糸が生産され,複合材,強化材,ろ過材や除電など特殊な部門で使用されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きんぞくせんい【金属繊維 metal fiber】

金属を細く繊維状にしたもの。繊維と呼ばれるものの範囲ははっきりしないが,直径10μm以下のものから200μm前後のものまである。タングステンモリブデンベリリウムステンレス鋼,その他かなり多数の金属の繊維が作られている。製造法には,ダイスを通して引き抜いて細くする,さらにそれを電解で細くする,金属を溶かしておいて回転板上に噴出し遠心力で繊維状にしたり,ノズルから射出するとか,ガラス管内に入れて加熱しガラスといっしょに引き伸ばす,などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

金属繊維の関連情報