コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小佐川十右衛門 おさがわ じゅうえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小佐川十右衛門 おさがわ-じゅうえもん

?-1731 江戸時代前期-中期の歌舞伎役者。
元禄(げんろく)から享保(きょうほう)にかけて上方で活躍した立役(たちやく)。元禄6年京都の都万太夫座の座本となった。武道実事(じつごと)の名手として知られた。小佐川系の祖。享保16年死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

小佐川十右衛門の関連キーワード六つのパルティータ買米ファルネーゼ家シュナーベル(Johann Gottfried Schnabel)ティエポロ上米各務支考鬼一法眼三略巻キャベンディッシュ沈南蘋