小味(読み)コアジ

デジタル大辞泉の解説

こ‐あじ〔‐あぢ〕【小味】

[名・形動]
こまやかで趣のある味わい。また、そのようなさま。「小味をきかす」「小味なことを言う」
取引用語で、相場が動きはじめて売買におもしろみが出てくること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こあじ【小味】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
微妙でこまやかな味や趣である・こと(さま)。 「 -のきいた料理」
取引相場で、値動きは小さいが、売買に面白みのあること。 ⇔ 大味

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小味の関連情報