小味(読み)こあじ

精選版 日本国語大辞典「小味」の解説

こ‐あじ ‥あぢ【小味】

〘名〙 (形動)
のこまやかでよいこと。微妙でのある味。また、そのさま。⇔大味
※寄席風俗‐高野長英・加賀鳶・犬猫鍋(1935)〈正岡容〉「あの貞水の味な下直さを」
② 取引相場で、相場の動きの幅が小さいが、売買におもしろみのあること。〔最新現代語辞典(1933)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「小味」の解説

こ‐あじ〔‐あぢ〕【小味】

[名・形動]
こまやかで趣のある味わい。また、そのようなさま。「小味をきかす」「小味なことを言う」
取引用語で、相場が動きはじめて売買におもしろみが出てくること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android