大味(読み)おおあじ

精選版 日本国語大辞典「大味」の解説

おお‐あじ おほあぢ【大味】

〘名〙 (形動)
① 食べ物のに微妙な風味のないこと。転じて、大まかでに乏しいさま。⇔小味
※玉塵抄(1563)四「大あぢでうまうもないぞ」
セルロイドの塔(1959)〈三浦朱門〉三「大味な人柄で」
② 相場で値に幅があって、面白みの多いこと。〔現代術語辞典(1931)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「大味」の解説

おお‐あじ〔おほあぢ〕【大味】

[名・形動]
食物の味にこまやかな風味が感じられないこと。また、そのさま。「料理が大味でもの足りない」
物事が大まかできめの細かさが見られず、趣の乏しいこと。また、そのさま。「大味な文章」「大味試合運びで敗れる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android