コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小場兵馬 こば へいま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小場兵馬 こば-へいま

1818-1868 江戸時代後期の武士。
文政元年生まれ。下総(しもうさ)結城(ゆうき)藩(茨城県)家老勤王をとなえ,佐幕派の藩主水野勝知(かつとも)と対立。慶応4年勝知が彰義隊とともに占拠した結城城を,新政府軍の支援で奪回。その功を賞されるが,家老としての責任をとり,同年4月14日自刃(じじん)した。51歳。名は利昌。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小場兵馬の関連キーワード戊辰戦争東京(都)サウド家フィセリングテオドロス2世藩学一覧光の科学史早竹虎吉(初代)明治ブートレロフ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android