小場恒吉(読み)おば こうきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小場恒吉 おば-こうきち

1878-1958 大正-昭和時代の美術史家。
明治11年1月25日生まれ。41年母校東京美術学校(現東京芸大)の図案科助手となり,法隆寺百済観音などの装飾紋様を模写。大正5年から朝鮮総督府学務局につとめ,古墳壁画を研究。昭和24年東京芸大教授。25年日本紋様の研究で芸術院恩賜賞。昭和33年5月29日死去。80歳。秋田県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android