コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小安峡谷 おやすきょうこく

1件 の用語解説(小安峡谷の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おやすきょうこく【小安峡谷】

秋田県南東部,皆瀬村にある峡谷。小安峡ともいう。桂沢から滝ノ原付近までの,皆瀬川上流約3km間で,凝灰岩の峡谷は50m前後そそり立つ。岩壁の割れ目から,水平方向に間欠的に噴湯するさまは壮観で,大噴湯は最も代表的。河床には素朴な露天風呂もつくられ,紅葉のころが素晴らしい。峡谷上部南岸には,もと湯治場から発展した小安温泉(硫化水素泉,98℃)があり,冬季も奥羽本線十文字駅からバスの便がある。【北条 寿】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone