河床(読み)カショウ

百科事典マイペディアの解説

河床【かしょう】

河川の水でおおわれた部分の床。普通は上流から下流に移るにしたがって緩勾配(こうばい)。一般に構成物質は上流部は大〜小の礫(れき),中流部は砂利,下流部は細砂が主体。しかし,河床勾配,流量,流域の地質などにより変化する。
→関連項目河川

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

か‐しょう ‥シャウ【河床】

〘名〙 河底の地盤。かわどこ。
※地方官会議日誌‐九・明治八年(1875)七月二日「河床堆淤の害を除かざる可からず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の河床の言及

【川】より

…この水の流路となるところを河道,河道のある谷地全体を河谷という。流れに接する地面を河床と呼び,これを流水ぐるみいっしょにして川あるいは河川という。河川へと水が集まってくる範囲が流域で,二つの河川の流域が互いに相接する界を分水界という。…

※「河床」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

河床の関連情報