コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河床 カショウ

デジタル大辞泉の解説

か‐しょう〔‐シヤウ〕【河床】

川の地盤。かわどこ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

河床【かしょう】

河川の水でおおわれた部分の床。普通は上流から下流に移るにしたがって緩勾配(こうばい)。一般に構成物質は上流部は大〜小の礫(れき),中流部は砂利,下流部は細砂が主体。
→関連項目河川

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

かしょう【河床】

川底。かわどこ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の河床の言及

【川】より

…この水の流路となるところを河道,河道のある谷地全体を河谷という。流れに接する地面を河床と呼び,これを流水ぐるみいっしょにして川あるいは河川という。河川へと水が集まってくる範囲が流域で,二つの河川の流域が互いに相接する界を分水界という。…

※「河床」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

河床の関連キーワード後退サンドウェーブ札幌のカイギュウアイスフォールクラムシェル作並[温泉]遠賀川式土器砂金・沙金川床・河床下呂[町]エスカー基礎掘削根固め工三日月湖平衡河川河川観測低水工事河岸段丘河食作用落差工千畳敷

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

河床の関連情報