河床(読み)カショウ

百科事典マイペディアの解説

河床【かしょう】

河川の水でおおわれた部分の床。普通は上流から下流に移るにしたがって緩勾配(こうばい)。一般に構成物質は上流部は大〜小の礫(れき),中流部は砂利,下流部は細砂が主体。しかし,河床勾配,流量,流域の地質などにより変化する。
→関連項目河川

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の河床の言及

【川】より

…この水の流路となるところを河道,河道のある谷地全体を河谷という。流れに接する地面を河床と呼び,これを流水ぐるみいっしょにして川あるいは河川という。河川へと水が集まってくる範囲が流域で,二つの河川の流域が互いに相接する界を分水界という。…

※「河床」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ギャンブル等依存症対策基本法

競馬やパチンコなどのギャンブル依存症への対策を進めるために、国や地方公共団体に対して、依存症の予防・啓発や、患者、家族へのケア、支援に関する計画の策定などを義務付ける国の法律。自民党と公明党、日本維新...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

河床の関連情報