コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小安峡 オヤスキョウ

2件 の用語解説(小安峡の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おやす‐きょう〔をやすケフ〕【小安峡】

秋田県南東部にある峡谷。皆瀬川上流の急流が小安岳(標高1292メートル)を浸食してできた深い谷。紅葉や上流にある大噴湯が有名。栗駒国定公園の一部。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小安峡
おやすきょう

秋田県南東部、湯沢市皆瀬(みなせ)を西流する皆瀬川の峡谷。上流の桂沢(かつらざわ)から寄合畑(よりあいはた)までの約5キロメートルの間には、不動の滝や甌穴(おうけつ)群、小安温泉(小安峡温泉)、大湯温泉、大噴湯、皆瀬ダムと人造湖などがあって、紅葉のころはすばらしい。栗駒(くりこま)国定公園の一部。国道398号が川に沿って走り、JR奥羽本線湯沢駅からバスの便がある。[宮崎禮次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

小安峡の関連キーワード秋川渓谷雄物川小又峡接岨峡抱返渓谷名栗渓谷西沢渓谷碧玉渓マデリウペラフィタクラーロル渓谷琉璃渓

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小安峡の関連情報