コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小安峡 オヤスキョウ

デジタル大辞泉の解説

おやす‐きょう〔をやすケフ〕【小安峡】

秋田県南東部にある峡谷皆瀬川上流の急流が小安岳(標高1292メートル)を浸食してできた深い谷。紅葉や上流にある大噴湯が有名。栗駒国定公園の一部。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小安峡
おやすきょう

秋田県南東部、湯沢市皆瀬(みなせ)を西流する皆瀬川の峡谷。上流の桂沢(かつらざわ)から寄合畑(よりあいはた)までの約5キロメートルの間には、不動の滝や甌穴(おうけつ)群、小安温泉(小安峡温泉)、大湯温泉、大噴湯、皆瀬ダムと人造湖などがあって、紅葉のころはすばらしい。栗駒(くりこま)国定公園の一部。国道398号が川に沿って走り、JR奥羽本線湯沢駅からバスの便がある。[宮崎禮次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

小安峡の関連キーワード秋田県湯沢市皆瀬湯沢(市)小安峡温泉小安峡谷小安温泉稲庭沢目

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小安峡の関連情報