コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小安峡 オヤスキョウ

2件 の用語解説(小安峡の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おやす‐きょう〔をやすケフ〕【小安峡】

秋田県南東部にある峡谷。皆瀬川上流の急流が小安岳(標高1292メートル)を浸食してできた深い谷。紅葉や上流にある大噴湯が有名。栗駒国定公園の一部。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小安峡
おやすきょう

秋田県南東部、湯沢市皆瀬(みなせ)を西流する皆瀬川の峡谷。上流の桂沢(かつらざわ)から寄合畑(よりあいはた)までの約5キロメートルの間には、不動の滝や甌穴(おうけつ)群、小安温泉(小安峡温泉)、大湯温泉、大噴湯、皆瀬ダムと人造湖などがあって、紅葉のころはすばらしい。栗駒(くりこま)国定公園の一部。国道398号が川に沿って走り、JR奥羽本線湯沢駅からバスの便がある。[宮崎禮次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小安峡の関連情報