小宮 三保松(読み)コミヤ ミホマツ

20世紀日本人名事典「小宮 三保松」の解説

小宮 三保松
コミヤ ミホマツ

明治・大正期の古典文学研究家,司法官 大審院検事。



生年
安政6年5月(1859年)

没年
昭和10(1935)年12月29日

出身地
周防国(山口県)

学歴〔年〕
司法省法学校卒

経歴
原敬らと共に司法省法学校の第1期生として卒業。明治23年東京始審裁判所検事となる。のち貴族院・枢密院書記官、大審院検事、李王職次官などを歴任錦鶏間祗候となる。「古事記」「日本書紀」「万葉集」などの古典文学の研究でも知られた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android