小宮 三保松(読み)コミヤ ミホマツ

20世紀日本人名事典の解説

小宮 三保松
コミヤ ミホマツ

明治・大正期の古典文学研究家,司法官 大審院検事。



生年
安政6年5月(1859年)

没年
昭和10(1935)年12月29日

出身地
周防国(山口県)

学歴〔年〕
司法省法学校

経歴
原敬らと共に司法省法学校の第1期生として卒業。明治23年東京始審裁判所検事となる。のち貴族院・枢密院の書記官、大審院検事、李王職次官などを歴任。錦鶏間祗候となる。「古事記」「日本書紀」「万葉集」などの古典文学の研究でも知られた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android