コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小将棋 しょうしょうぎ

大辞林 第三版の解説

しょうしょうぎ【小将棋】

古く行われた将棋の一。盤は縦横各九目、駒は四六枚という。こしょうぎ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の小将棋の言及

【将棋】より

…駒は取捨てで相手から取った駒は再使用できない。原本が残っていないので不明確であるが,1443年(嘉吉3)の写本である《象棋六種之図》に小将棋,中将棋,大将棋,大大将棋,摩訶(まか)大大将棋,泰将棋が記されている。小将棋は現在の将棋に類似し,大将棋は平安時代の大将棋と異なり,升目は15×15の盤で駒数は130枚29種類,大大将棋は17×17の盤で駒数192枚68種,摩訶大大将棋は19×19の盤で駒数192枚51種類,泰将棋は25×25の盤で駒数354枚93種類である。…

※「小将棋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小将棋の関連キーワード行軍将棋中将棋将棋縦横

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小将棋の関連情報