コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥州藤原氏 おうしゅうふじわらし

大辞林 第三版の解説

おうしゅうふじわらし【奥州藤原氏】

平安末期、平泉を拠点に陸奥むつ・出羽を支配した大豪族。初代清衡以降、基衡・秀衡を経て1189年四代泰衡が源頼朝に滅ぼされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

奥州藤原氏【おうしゅうふじわらうじ】

平安中期から後期の東北地方の豪族。平泉拠点として,陸奥国一帯を支配した。かつてはアイヌの血を引くとの考えもあったが,系譜的には秀郷(ひでさと)流藤原氏の流れをくむ。初代清衡(きよひら)は母が出羽国の清原氏に再嫁(さいか)したため,清原氏の一員として育ったが,前九年(ぜんくねん)・後三年(ごさんねん)の役を経て,1094年頃に平泉に居を構えた。以後,基衡(もとひら)・秀衡(ひでひら)の3代にわたって栄華を誇ったが,源義経をかくまったことなどがあり,1189年源頼朝に4代泰衡(やすひら)が攻められて滅亡。岩手県の中尊(ちゅうそん)寺金色(こんじき)堂には,清衡・基衡・秀衡のミイラ化した遺体と泰衡の首が葬られている。→平泉文化藤原清衡藤原基衡藤原秀衡藤原泰衡奥州征伐藤原秀郷毛越寺鎮守府
→関連項目伊沢家景鎌倉幕府衣川陸奥国陸奥国留守職柳之御所跡

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おうしゅうふじわらうじ【奥州藤原氏】

平安時代末期(11世紀末~12世紀末)の東北地方の豪族。藤原清衡,基衡,秀衡,泰衡の4代をいう。清衡,基衡,秀衡3代のミイラ化した遺体と泰衡の首が岩手県中尊寺金色堂の須弥壇の下に葬られている。奥州藤原氏は,かつては蝦夷の出身でアイヌの血をひくものと考えられていた。しかし初代清衡の父の藤原経清は俵藤太秀郷の子孫で,系譜的には中世の武士に多い秀郷流藤原氏である。1950年に行われた遺体調査の結果も,彼らがアイヌ人らしくないことを明らかにした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の奥州藤原氏の言及

【藤原清衡】より

奥州藤原氏代の初代。陸奥国押領使(おうりようし)。…

【藤原秀衡】より

…陸奥守との兼官かと思われる。奥州藤原氏の3代目として,奥羽一円におよぶ支配を確立した。源義経の保護者としても有名。…

【藤原基衡】より

…陸奥・出羽押領使。父の死の直後の1129年(大治4),弟の惟常(これつね)と戦って勝ち,奥州藤原氏の2代目となった。奥羽の摂関家領荘園の管理者になっていて,1153年(仁平3)には年貢について右大臣藤原頼長と争っている。…

【藤原泰衡】より

…陸奥・出羽押領使。1187年(文治3)父の没後,奥州藤原氏代目となる。源頼朝の強請によって平泉にいた源義経を殺すが,許されず,89年7月頼朝の攻撃を受け,北海道に渡ろうとして敗走,途中肥内郡贄柵(にえのさく)で郎従の河田次郎に殺された。…

【陸奥国】より

…平安時代前期には坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)や文室綿麻呂(ふんやのわたまろ)などの征討によって,およそ岩手県中部までがその領域に入った。その後,平安時代後期に平泉を根拠地とする奥州藤原氏の約1世紀にわたる支配の間に,その領域は青森県の一部にも及んだと察せられる。 古代の陸奥国は蝦夷と境を接する辺要の国として,例えば陸奥鎮守府が設置され,また各地に柵(き)が営まれたこと,国司の在任期間が他の諸国の通例と比較して長かったことなど,行政上においても特殊性を有していた。…

※「奥州藤原氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

奥州藤原氏の関連情報