コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山田有重 おやまだ ありしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小山田有重 おやまだ-ありしげ

?-? 平安後期-鎌倉時代の武士。
秩父重弘(ちちぶ-しげひろ)の子。はじめ平家方,のち源頼朝の御家人。武蔵(むさし)小山田荘(東京都)を本拠とする。頼朝の命で元暦(げんりゃく)元年(1184)子の稲毛(いなげ)重成とともに,一条忠頼を酒宴の席でだまし討ちにした。通称は小山田別当。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の小山田有重の言及

【小山田氏】より

…武蔵国多摩郡小山田荘を本領とする中世の武家。桓武平氏秩父氏の流れをくみ,有重が小山田荘の荘官となって小山田別当と称したのに始まる。有重は1180年(治承4)の源頼朝挙兵時には在京していたため平家に従い,木曾義仲追討軍にも加わったが,平家西国落ちの際に許されて東下し,息子の稲毛重成,榛谷重朝らにはおくれて鎌倉御家人となった。一族は武蔵国南西部に蟠踞(ばんきよ)したが,頼朝死後,武蔵国を支配下におこうとする北条氏によって,1205年(元久2)まず同族の畠山氏が討たれ,続いて稲毛重成,榛谷重朝も謀殺されて,一族の勢力は極度に衰退した。…

※「小山田有重」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

小山田有重の関連キーワード鎌倉時代秩父重弘稲毛氏

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android