小山田荘(読み)おやまだのしょう

百科事典マイペディアの解説

武蔵国多摩郡から都筑(つづき)郡にかけて成立した荘園。現在の東京都町田市上小山田町・下小山田町が遺称地で,同所を含む一帯が荘域。のち小山田といった。平安末期の秩父重弘の子有重は小山田別当を称しており,当荘の荘官であったと考えられる。秩父氏流小山田氏一族畠山重忠の乱後に没落。1364年関東管領上杉憲春は小山田庄内黒河郷(現川崎市麻生区)半分を〈御仁々局〉に沙汰しつけるよう加治実規に命じ,御仁々局は1367年黒河郷半分を鎌倉円覚寺黄梅(おうばい)院に寄進。1404年鎌倉府は黄梅院領の小山田保山崎郷(現町田市),同保黒河郷半分への六所宮(現府中市大国魂神社)造営段銭催促を停止。鎌倉公方足利持氏は1422年山崎郷内今井村を相模大山寺本宮(現神奈川県伊勢原市大山阿夫利神社)に寄進。このほか荘(保)内には下矢部郷(現町田市),鶴間郷(現町田市・神奈川県相模原市・大和市)などの郷が含まれていた。なお南北朝期以降に当荘に依拠した小山田氏は関東管領上杉氏の庶流である。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

荘域ははっきりしないが武蔵国多摩郡から都筑郡にかけての荘園。現在の東京都町田市上小山田町,下小山田町にその名称伝存するが,荘域はひろく町田市北半から川崎市麻生区にかけてひろがっていたとみられる。鎌倉初期の幕府御家人に,桓武平氏秩父流の小山田別当有重なる人物がいるが,有重は小山田荘の荘官であったとみられる。保元・平治の乱には参戦しなかったが,保元の乱に敗れた源為義一家が,東国に落ちのびたら頼るべき武士の一人として名があげられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android