コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小山田荘 おやまだのしょう

2件 の用語解説(小山田荘の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

小山田荘【おやまだのしょう】

武蔵国多摩郡から都筑(つづき)郡にかけて成立した荘園。現在の東京都町田市上小山田町・下小山田町が遺称地で,同所を含む一帯が荘域。のち小山田といった。平安末期の秩父重弘の子有重は小山田別当を称しており,当荘の荘官であったと考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おやまだのしょう【小山田荘】

荘域ははっきりしないが武蔵国多摩郡から都筑郡にかけての荘園。現在の東京都町田市上小山田町,下小山田町にその名称が伝存するが,荘域はひろく町田市北半から川崎市麻生区にかけてひろがっていたとみられる。鎌倉初期の幕府御家人に,桓武平氏秩父流の小山田別当有重なる人物がいるが,有重は小山田荘の荘官であったとみられる。保元・平治の乱には参戦しなかったが,保元の乱に敗れた源為義一家が,東国に落ちのびたら頼るべき武士の一人として名があげられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone