コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秩父重弘 ちちぶ しげひろ

2件 の用語解説(秩父重弘の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秩父重弘 ちちぶ-しげひろ

?-? 平安時代後期の豪族。
畠山重忠の祖父。桓武(かんむ)平氏の子孫。久寿2年(1155)の武蔵(むさし)大蔵合戦では源義平(よしひら)につき弟の重隆とたたかう。千葉常胤(つねたね)や三浦義明と縁戚(えんせき)関係をむすび,秩父氏の基盤を強化した。武蔵男衾(おぶすま)郡(埼玉県)出身。通称は秩父太郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

秩父重弘

生年:生没年不詳
平安中期の武蔵国の豪族。関東平氏秩父氏に属す。重広とも書く。通称太郎大夫(一説に九郎大夫)。父は秩父氏の始祖出羽権守重綱。武蔵国男衾郡畠山郷(埼玉県川本町)を本拠とし,子孫は畠山氏を称した。久寿2(1155)年,源義賢(源義仲の父)を養君とする弟重隆と,源義平(源頼朝の長兄)を擁立した母の実家児玉党とが衝突した武蔵大蔵合戦においては,義平に味方して重隆を敗死させたといわれる。娘を千葉常胤に嫁がせ,嫡子重能の妻に三浦義明の娘を迎えるなど,関東平氏との連合を強化し,秩父氏繁栄の基礎を作った。<参考文献>峰岸純夫「鎌倉悪源太と大蔵合戦」(『三浦古文化』43号)

(海津一朗)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

秩父重弘の関連キーワード畠山重忠畠山重保畠山八平氏稲毛重成江戸重長河崎重家河崎基家豊島有経畠山重能

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone