コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秩父重弘 ちちぶ しげひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秩父重弘 ちちぶ-しげひろ

?-? 平安時代後期の豪族。
畠山重忠の祖父。桓武(かんむ)平氏の子孫。久寿2年(1155)の武蔵(むさし)大蔵合戦では源義平(よしひら)につき弟の重隆とたたかう。千葉常胤(つねたね)や三浦義明縁戚(えんせき)関係をむすび,秩父氏の基盤を強化した。武蔵男衾(おぶすま)郡(埼玉県)出身。通称は秩父太郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

秩父重弘

生年:生没年不詳
平安中期の武蔵国の豪族。関東平氏秩父氏に属す。重広とも書く。通称太郎大夫(一説に九郎大夫)。父は秩父氏の始祖出羽権守重綱。武蔵国男衾郡畠山郷(埼玉県川本町)を本拠とし,子孫は畠山氏を称した。久寿2(1155)年,源義賢(源義仲の父)を養君とする弟重隆と,源義平(源頼朝の長兄)を擁立した母の実家児玉党とが衝突した武蔵大蔵合戦においては,義平に味方して重隆を敗死させたといわれる。娘を千葉常胤に嫁がせ,嫡子重能の妻に三浦義明の娘を迎えるなど,関東平氏との連合を強化し,秩父氏繁栄の基礎を作った。<参考文献>峰岸純夫「鎌倉悪源太と大蔵合戦」(『三浦古文化』43号)

(海津一朗)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

秩父重弘の関連キーワード小山田有重千葉胤正相馬師常畠山重能小山田荘畠山重忠河越氏東胤頼

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android