稲毛(読み)いなげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

稲毛
いなげ

千葉県中西部,千葉市の東京湾奥沿い,美浜区稲毛区にまたがる地区。潮干狩りや海水浴場として知られる遠浅の海岸であったが,第2次世界大戦後埋立ての進展によって住宅地域に変貌した。中層の住宅団地や海浜公園が形成され,埋立て地の前面には,人工の砂浜海岸いなげの浜が造成された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

稲毛
いなげ

千葉市北西部、稲毛区と美浜(みはま)区にまたがる地区。旧検見川(けみがわ)町の大字(おおあざ)名であったが、1937年(昭和12)検見川町の千葉市編入後は同市の一地区となった。1992年(平成4)千葉市の政令指定都市移行に伴い、同市を構成する区名の一つに採用されたが、南部は美浜区に含まれることとなった。JR総武本線稲毛、京成電鉄千葉線京成稲毛、JR京葉線稲毛海岸の各駅がある。東京湾岸の絶好の海水浴場、潮干狩場で、多くの海の家が建ち並んでいたが、第二次世界大戦後は総武本線、京成電鉄千葉線沿線の住宅地化が著しく、また東京湾岸の埋立てによって海岸線が2.5キロメートルも前進し、大規模な住宅団地が形成された。近年、千葉市は埋立地先に人工海浜「いなげの浜」をつくり、市民参加の松の植樹も行われた。近くに稲毛海浜公園もある。旧海岸線近くの浅間(せんげん)神社は安産・子育ての神で、神楽(かぐら)は県の無形民俗文化財。7月15日の例祭はにぎわう。[山村順次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

稲毛の関連情報