コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小島功 コジマコオ

2件 の用語解説(小島功の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こじま‐こお【小島功】

[1928~2015]漫画家。東京の生まれ。本名、功(いさお)。川端画学校などで日本画を学んだのち、独特なタッチのなまめかしい女性を描いて人気を集める。代表作「ヒゲとボイン」「仙人部落」「日本のかあちゃん」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小島功 こじま-こお

1928-2015 昭和後期-平成時代の漫画家。
昭和3年3月3日生まれ。川端画学校,太平洋美術学校にまなぶ。昭和22年長(ちょう)新太,久里(くり)洋二らと独立漫画派を結成。31年「アサヒ芸能」に「仙人部落」などを発表し,つややかな美女を登場させた。43年「日本のかあちゃん」ほかで文芸春秋漫画賞。平成4年日本漫画家協会理事長。12年日本漫画家協会賞。平成27年4月14日死去。87歳。東京出身。本名は功(いさお)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

小島功の関連キーワード滝田ゆう馬場のぼる水島新司秋竜山杉浦日向子所ゆきよし矢口高雄山田紳わち さんぺい勝又進

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小島功の関連情報