コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長新太 ちょうしんた

3件 の用語解説(長新太の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長新太
ちょうしんた

[生]1927.9.24. 東京
[没]2005.6.25. 東京
まんが家,絵本作家。本名鈴木 揫治。やわらかいフリーハンドのアウトラインで,独特のフォルムをもつまんがや童話の挿絵を描き,またエッセーを書く。多才な活動が絵本『おしゃべりなたまごやき』 (1959) に結晶し,文藝春秋漫画賞を受賞。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐しんた〔チヤウ‐〕【長新太】

[1927~2005]絵本作家・漫画家。東京の生まれ。本名、鈴木揫治(しゅうじ)。ナンセンス絵本の第一人者として、日本の絵本の世界に新しい波を起こす。ユーモラスな展開と不条理筋立てで絶大な支持を得た。絵本「おしゃべりなたまごやき」「キャベツくん」「ごろごろにゃーん」、漫画「なんじゃもんじゃ博士」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長新太 ちょう-しんた

1927-2005 昭和後期-平成時代の漫画家,絵本作家。
昭和2年9月24日生まれ。昭和22年毎日新聞漫画コンクールに入賞。34年絵本「おしゃべりなたまごやき」(文・寺村輝夫)で文芸春秋漫画賞。ナンセンス感覚とユーモラスな発想で絵本に新風をまきおこす。52年「はるですよ ふくろうおばさん」で講談社出版文化賞。平成6年「こんなことってあるかしら?」で産経児童出版文化賞。作品はほかに「ごろごろにゃーん」「キャベツくん」など。平成17年6月25日死去。77歳。東京出身。蒲田工業卒。本名は鈴木揫治(しゆうじ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

長新太の関連キーワード天田昭次大野正男彼末宏川村勇白土吾夫田中勝宣夏目晴雄土方鉄福田甲子雄正森成二

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長新太の関連情報