コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小掛照二 こがけ てるじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小掛照二 こがけ-てるじ

1932-2010 昭和後期-平成時代の陸上競技選手,指導者。
昭和7年12月18日生まれ。昭和25年インターハイ三段跳びで優勝。早大卒業後,大昭和製紙にはいり,31年16m48cmの世界新記録を樹立。同年のメルボルン五輪は足の故障で8位。ロス五輪陸上監督などをつとめた。平成11年日本オリンピック委員会(JOC)副会長。17年日本陸連名誉副会長。平成22年5月9日死去。77歳。広島県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

小掛照二の関連キーワード日本陸上競技選手権