小林 良正(読み)コバヤシ リョウセイ

20世紀日本人名事典の解説

昭和期の経済学者 専修大学名誉教授・元学長。



生年
明治31(1898)年3月1日

没年
昭和50(1975)年12月29日

出生地
東京

学歴〔年〕
東京大学経済学部卒

学位〔年〕
経済学博士

経歴
専修大学で経済史を講義、一方東大、明大の講師を務めた。昭和5年青年無産者新聞にカンパして治安維持法違反に問われ大学を辞職。野呂栄太郎主宰の「日本資本主義発達史講座」の執筆者として参加。11年この講座に「日本封建制講座」を企画推進中、7月コム・アカデミー事件で平野義太郎らとともに検挙され留置された。釈放後、服部之総と花王石鹼嘱託となり同社の「五十年史」を共著。17年ジャカルタの海軍武官府に嘱託として赴任、インドネシア社会について調査。戦後、専修大学、明治大学に復帰した。学術会議会員、日独協会理事を務めた。定年後は「アジア的生産様式研究」を執筆。50年には向坂逸郎ら社会主義協会の日本共産党・講座派批判に反論自費で「日本資本主義論争回顧」を出版。他に「日本産業の構成」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android