回顧(読み)かいこ

精選版 日本国語大辞典「回顧」の解説

かい‐こ クヮイ‥【回顧】

〘名〙
① あとをふりむくこと。ふりかえること。
※詩序集(1133頃)月下多軒騎詩序〈平光俊〉「筆駅之疲驂也、独騎猶隔孫陽之廻顧」 〔蔡邕‐翠鳥詩〕
② 過去のことを思い返すこと。昔のことに考えを向けること。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一一「我今この時の事を顧すれば、当日快楽の情況想起し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「回顧」の解説

かい‐こ〔クワイ‐〕【回顧】

[名](スル)
過ぎ去ったことを思い起こすこと。「学生時代を回顧する」
後ろを振り返ること。
「客室内を―し、アリスの一隅に坐するをて」〈織田訳・花柳春話
[類語]追憶追想回想懐旧思う懐かしむ思い浮かべる思い出す思い返す想起する懐古記憶追懐懐郷望郷顧みる振り返る偲ぶ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「回顧」の解説

【回顧】かい(くわい)こ

ふりかえる。〔三国志、孫伝注に引く呉歴〕一たびを同じうしはせたるも、永固のり。今(すなは)ち行かん。老母弟を以て、君に付す。策、復(ま)た回の憂ひ無し。

字通「回」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android